意味がわかると怖い話 女児殺人事件

意味がわかると怖い話 女児殺人事件

ある街で女子児童暴行殺人事件が起こった。

女児が見るも無残に殺され方をしたため、人々の注目が集まる事件となった。

テレビ局はニュースの報道をすべく、被害者の父親にインタビューを行うことにした。

レポーター「今のご心境は?」

父親「心境もなにも・・・信じられません、今でもあの子が帰ってくるような気がして。」

レポーター「○○○ちゃんは、どんなお子さんだったのですか?」

父親「いつも元気で、ニコニコと笑顔の可愛い子でね。。。本当に信じられない・・・」

レポーター「犯人に対して言いたい事はありますか?」

父親「言いたいことなんてなにもないですよ。一刻も早く捕まえて死刑にして欲しい。こんなやつ人間じゃない。」

レポーター「最後に、何か言いたいことはありますか?」

父親「・・・警察の人には頑張ってもらって、一日も早く犯人を捕まえに来て欲しいと願っています。」

この報道の後、すぐに犯人は逮捕された。

そして。父親の望んだ通り、犯人は極刑となった。

解説
犯人は、この父親という話。
父親は犯人のことを「こんな奴」と、身近にいる存在のような言い方をしている。
さらには、「一日も早く犯人を捕まえに来て欲しい」とおかしな言い方をしているのだ。
本来なら、「捕まえてほしい」と言うべきではないだろうか。
「捕まえに来て」だなんて、犯人が家の中にいる人物であると知っているような言い方だ。
ちなみに、この話は90年代に実際に起きた殺人事件を基に作られたらしい。
その事件は、父親が保険金目当に我が子を殺してしまい、この物語同様ニュース番組のインタビューでおかしな発言をしていたとのことだ。