意味がわかると怖い話 バスの停留所

意味がわかると怖い話 バスの停留所

去年のお盆休み明けのこと。夜の10時くらい、帰宅のためバスに乗っていた。

俺の家は終着に近いから、徐々に車内にも人が少なくなっていった。

「A橋」っていう、停留所があってね。

そこから少し歩くと、山の上に霊園があるんだ。

霊園の反対側が新興住宅地になってるから、結構この停留所で降りる人がいる。

案の定、「次は~A橋」というアナウンスの直後に、「ピンポーン」と。

で、バスはその停留所に止まった。

後ろの降車ドアが開いてから、しばらく沈黙。

そして、運転手が確かめるように車内を振り返ると、俺に向かって言った。

「あの、降りないんですか?」

解説
バスの運転手が、後ろを振り返ってまで確認するということは、バスにはもう客が「俺」だけだったようだ。
降車ボタンは、人の目では見えないモノが押したと思われる・・・・