意味がわかると怖い話 中学の1泊2日旅行

意味がわかると怖い話 中学の1泊2日旅行

中学2年生の夏に、学校行事で山へキャンプに行くことになった。

1泊2日のキャンプだ。

夕食はバーベキュー、辺りが暗くなると、キャンプファイヤーをしながらみんなで歌を歌うことになっていた。

バーベキューの食事が終わり、焚き木の周りに生徒が全員集まったことの確認がとれたみたいだ。

火をつける直前、歌詞が書いてある旅のしおりを、テントに忘れてしまったことに気が付き、急いで取りに戻った。

テントは、少し離れた小高い丘にあり、ここからさっきの場所が見下ろせる。

下を見下ろすと、すでにキャンプファイヤーは始まっていて、みんな盛り上がってるみたいだ。

ドーナッツ状に燃える炎がとても綺麗だ。

早くみんなのところに戻ろう。

解説
普通、キャンプファイヤーは焚き火を中心にして行うものだ。
実際、この中学のキャンプファイヤーも焚き木の周りに生徒たちが集まっている。
しかし、語り手の子が丘から見下ろした炎はドーナッツ状だ。
これはつまり、焚き木ではなく生徒たちが燃えてしまっていることになる。
となると、「盛り上がっている」ように見えたのは、多くの生徒たちが炎に焼かれ、もがき苦しんでいる姿なのかもしれない。
生徒が全員集まったことが確認された後で火をつけていることから、計画的な殺人事件かもしれない・・・・