意味がわかると怖い話 強姦にまつわる都市伝説

意味がわかると怖い話 強姦にまつわる都市伝説

ショッピングセンターのトイレの個室で、幼い女の子が強姦されて、そのときに子宮が破裂した。事件があった場所である店側が、評判を恐れ事件をもみ消したために、表立った報道はされていない、という都市伝説がある。

うちの近所でも、この都市伝説が噂になった。

噂を真に受けてしまったPTA連中が、事件があったとされるショッピングセンターに電話をして、店長を問いつめたそうだ。

すると、その店長は、「そのような事件は、一切ございません」と言い切った。

「本当ですか?風評被害が怖くて、事件を隠ぺいしてるんじゃないですか?」

とPTA側も食い下がった。

だが、店長はきっぱりと答えた。

「当店のトイレの個室はすべて、監視用のカメラが設置されております。撮影されたものは、私が毎日この目で確認しておりますが、今までにそのような事件は一切ありません。」

解説
トイレの個室に監視カメラ?
それは明らかに盗撮ではなかろうか?
つまり、この店長は女子トイレを盗撮し、その映像を毎日見ているということになる。