意味がわかると怖い話 夏休みに彼氏とお化け屋敷へ

意味がわかると怖い話 夏休みに彼氏とお化け屋敷へ

夏休みに、彼氏と二人で遊園地のお化け屋敷に行った。

私はとにかく怖がりだから、中が暗いというだけでガクブル状態。

怖くて、彼の腕を肘ごと抱え込んで、目を閉じて下を向いて歩いた。

彼には、「腕に胸が当って気持ちいいw」とか言われたけど、怖くて怖くてそれどころじゃなかった。

彼は「こんなの作りものじゃんw」って言うんだけど、私は「キャーキャー」と叫びまくり。

目を閉じてて何も見えないから、彼がたまに出す「うわっw」とかの声を聞くだけでもビクビクするあり様。

最後の方になると、「もう少しだから頑張れw」なんて言いながら、彼は背中をさすってくれた。

そのまま、半泣きのまま出口まで歩いた。

外に出てからやっとのことで、彼の腕を放してみると、腕には私の手形が付いてしまっていた。

どんだけ強く握ってんだよ自分wと、自分のへたれっぷりに笑ってしまった。

解説
彼氏の腕にずっとしがみついていたのならば、彼氏が語り手の女性の背中をさすることはできないのではないだろうか?
つまり、お化け屋敷の中で彼氏以外の誰か(ナニカ?)が、この女性の背中をさすったということになる。