意味がわかると怖い話 彼氏が他の女によそ見

意味がわかると怖い話 彼氏が他の女によそ見

昨日のデート中のこと。

彼氏の一政くんが、

「お、あの子、可愛いなー。食べてみたいな(笑)」
 
って言うから、

「ちょっとー!他の子見ないでよ!」

って、私は怒った。

そしたら、 

「ごめん(笑)でも、いやらしい意味じゃないから、安心してよ。それに、俺の一番は、お前だから。」
 
って言ってた(笑)
 
ずっと、こんなラブラブが続けばいいのにな。

解説
「食べる」というのは、エッチしたいという意味ではなく、「食したい」という意味らしい。
人が人を食べるカニバリズムというやつだ。
この彼氏にとって、語り手の女の子は食べたい相手なのだろうか?
それとも、大事にしたい相手なのだろうか?
どちらにしても、頭のおかしい奴と一緒にいて心配になる。
ちなみに、この彼氏である佐川くんのモデルとなっているのは、佐川一政という実在している人物のようだ。
佐川一政は、人を殺して食べてしまったのだという。

1981年6月11日、フランスの首都、パリに留学していた日本人留学生佐川一政(当時32歳)が友人のオランダ人女性留学生(当時25歳)を自宅に呼び出し、背後からカービン銃で射殺した。佐川は衣服を脱がせ屍姦したあと遺体の一部を生のまま食べ、また遺体を解体し写真を撮影して遺体の一部をフライパンなどで調理して食べた。
6月13日、残った遺体をスーツケースに収め、ブローニュの森の池に捨てようとしたところを目撃され逃亡。目撃者が遺体を発見し警察に通報し、2日後に逮捕された。
なお、この事件以前に、佐川は日本でも近隣に住むドイツ人女性を食肉目的で襲い逮捕されている。事件は父親の提示した示談金で告訴は取り下げられている。また、佐川は幼少の頃から人肉食の欲求が芽生えたと語っている。 Wikipediaより

こんな残酷な事件を起こしていながら、彼は死刑にならずに心身喪失だったとして不起訴処分の無罪判決だったらしい。
2015年12月現在で66歳、まだ存命している。
2010年のころに、「また人肉を食したい」と発言しているらしいから、恐ろしすぎる・・・