意味がわかると怖い話 空港での手荷物検査

意味がわかると怖い話 空港での手荷物検査

空港で検査中の事。

訓練された麻薬犬が、匂いを嗅ぎ付けた。

麻薬犬のサインを受け取った検査官が、客を見ると赤ちゃんを抱いた親子であった。

赤ちゃんは静かに眠っているようだ。
 
検査官が、親を調べてみたが特に異常はなく、何も発見されない。
 
だが、犬は麻薬の匂いを察知しているらしく、しきりにクンクンと赤ちゃんを嗅いでいた。

解説
この男は、赤ちゃんの死体に麻薬をギュギュウと詰めて、空輸しようとしたようだ。
手を変え品を変えしないと、見つかってしまうのは分かるけれど、これは想像するだけで気持ち悪くなる手口である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする