意味がわかるとちょっと笑える話 怪しい運送屋

意味がわかるとちょっと面白い話 怪しい運送屋

ある日の夕暮れ時。

運送屋の男が、荷物を届けにきた。

少し違和感を感じる。

その運送屋のトラックは、真っ白なトラックで今まで見たことがない。

そして、トラックに会社名さえも書いてない。 

男の作業服も真っ白だった。

ハンコを押し、男から荷物を受け取る。

そして、その不審な気持ちを、男にぶつけてみた。 

「・・・あなた、本当に運送屋ですか?」 
男はこたえた。

「うん、そうや。」 
空を見ると、気持ちのいい夕暮れだった。

解説
前半はいかにも怖い話風だが、オチはダジャレである。