意味がわかると怖い話 児童虐待

意味がわかると怖い話 児童虐待

小学校の教師は大変だ。

ときに、普通ではあまり遭遇しないであろう、大きなトラブルを抱えることがある。

一年生の太郎くんの体は痣だらけだった。

これは何とかしないといけない。

「太郎くん、これは誰がやったの?」

「・・・・・」

「無言じゃわからないよ?大人たちが皆心配するから。ちゃんと言って。誰がやったの?」

「僕、誰にも言いません。先生、僕、誰にも言いませんから。もう帰っていいですか?」 

「うん、言わないなら帰っていいよ。」 

解説
太郎くんの体を痣だらけにしたのは、先生である。
太郎くんが大人たちに言いつけないか、確認するために「誰がやったの?」と何度も聞いていた。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。