意味がわかると怖い話 窓の外に青白い顔の女が

意味がわかると怖い話 窓の外に青白い顔の女が

この話は実話です。

あるところに、一人暮らしの男性がいました。

その男性は、ある晩、奇妙なことに気が付いてしまったのです。

そう、部屋の窓の外に、人影があることを発見してしまったんです。

でも、その部屋は5階。

窓の外に、人が立つようなスペースはありません。

「あれ?これは見間違いかな?それとも、この世のものではないのかな?」

なんて思いながらも、事実を確かめるために、勇気を振り絞って窓を開けてみました。

すると、そこには青白い顔の女の人がいるではありませんか。

男性はビックリして言葉を失います。

窓の外にいる青白い顔の女は、ゆっくりと窓に足をかけ、部屋の中に入ってきました。

男性は恐怖で体が動きません。

青白い顔の女は、男性の首に手を巻き付けると、ものすごい力で絞めてきました。

だんだんと、意識が遠のいていく男性。

そのまま、男性は死んでしまいました。 

解説
この話が実話だとしたら、なぜこの話を知っている人がいるのか?

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。