意味がわかると怖い話 彼女のワンピース

意味がわかると怖い話 彼女のワンピース

「ワンピース欲しいな…」

同棲中の彼女が独り言のように言った。

「買ってやるよ。」

彼女の独り言に俺は返事をした。

「え?嘘?誕生日でもないのに、なんで?」

「それくらい買ってやるよ。楽しみに待っとけ。」

「嬉しいー!」

次の日。俺は、会社帰りに本屋でワンピースの最新刊を買って家に帰った。

彼女はきっと大喜びするだろう。

家に帰り、ワンピースを彼女に手渡した。

彼女は不思議そうな顔をして、言った。

「え?なにこれ?」

俺はその時に気が付いた。

しまった。彼女が読みたかったのは、最新刊ではなく1巻からだ。

解説
彼女が欲しかったのは、漫画「ワンピース」ではなく、洋服の「ワンピース」である。
この彼氏は根本的にズレている。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。