意味がわかると怖い話 殺意はなかった

意味がわかると怖い話 殺意はなかった

殺すつもりなんてなかったんだ。

遊びのつもりだったんだ。

くそっ!命を奪ってしまって激しい後悔に襲われる。 

この亡骸、どうするか?このまま川に捨ててしまうか?

いや、それはダメだ。

いっそのこと、食っちまうか?つーか、食えんのか?

俺は、覚悟を決めて、亡骸を家に持って帰り、食べることにした。

意外にも、焼いて醤油をかけたら、けっこううまかった。

次は殺さないように遊ぼう。

満腹になった俺は、竿とリールの手入れをするのであった。 

解説
釣りをしていた男の話。
キャッチアンドリリース(釣りで釣った魚を生かしたまま、釣った水域に放流すること)をしようとしたのだが、釣った魚が死んでしまい、激しく後悔しているようだ。
なかなか、優しい男である。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。

↓シェアで応援お願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする