意味がわかると怖い話 繁華街でカツアゲ

意味がわかると怖い話 繁華街でカツアゲ

繁華街の裏通りを歩いていると、オタクの少年1人が4人のヤンキーたちと揉めていた。

どうやら、オタク少年がカツアゲされているようだった。

俺が見ていると、オタク少年がこちらの視線に気が付いたらしく、「助けてください」と言ってきた。

ヤンキーたちはこちらを睨んでくる。

ま、助けてやるか。

俺は130キロの巨体で、全身筋肉の鎧に覆われている。

その上、元プロボクサーだ。素人など束になっても俺の敵ではない。

俺は臨戦態勢に入った。

そして、あっという間に、5人の顎を粉々に打ち砕いた。

うーん、グローブ無しで人を殴ったため、拳が痛い。

早く帰って、アイシングをしなければ。

解説
助けるはずの、オタク少年の顎まで砕いてしまった。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。