意味がわかると怖い話 信号無視の車

意味がわかると怖い話 信号無視の車

俺が妹と買い物に出かけていた時だった。

突然、信号を無視した車に妹がはねられた。

慌てて駆け寄ったが、その時すでに妹は息をしていなかった。

必死で人工呼吸をしていると、誰かが呼んでくれたのか救急車がきてくれた。

救急車に乗り込んだと同時に、彼女から携帯に電話があった。

「妹さん、大丈夫なの?」

「息してない。かなり危険かもしれない…」

「大丈夫、あたしが付いているからね。しっかりしてよね。」

「ありがとう…」

こういうつらいときにこそ、彼女の有難みがわかるもんだ。

俺は妹が息を吹き返すことをただただ祈った。

解説
彼女はなぜ事故のことを知っているのか?という話。
考えられるのは2通りか。
1つ、ひき逃げの犯人は、彼女。
この場合、彼女の目的が分からない上に、良い人を演じている分、怖すぎる。
2つ、彼女は事故を近くで見ていた。
この場合、救急車を呼んでくれたのは彼女かもしれない。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。