意味がわかると怖い話 人類が透明人間になれる日

意味がわかると怖い話 人類が透明人間になれる日

「ついに、透明人間になれる薬を作ることに成功したぞ。」

「博士、おめでとうございます。では、早速、私が飲んでみます。」

「ああ、ちょっと待て。その薬は効果が永久に消えないのだ。」

「えええ・・・飲んじゃいました・・・」

「マズいことになったぞ!早く吐き出すのじゃ!・・・・・・・・・・はて。わしは、何をやっていたのだっけか?そうだ、わしは透明になれる薬を発明したが、まだ試験段階だということじゃった。まだまだ人で試せるレベルではないから、マウス実験を繰り返すことにしよう。」

解説
アシスタントの存在そのものが消えてしまった。しかも、永久に効果は消えない。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。