意味がわかると怖い話 結婚するには彼女が必要

意味がわかると怖い話 結婚するには彼女が必要

A「お前、まだ結婚しないの?」

B「ああ、結婚どころか、彼女すらいないからな。」

A「好きな女もいないのか?」

B「好きな女はいるんだけどな。なかなかな・・・」

A「なんだよ?ビビってんのか?そんなんじゃ結婚なんてできないぞ?頑張って落とせよ。」

B「落とすのは簡単なんだけどな。やっぱ、勇気がいるよな。」

A「やっぱ、ビビッてんじゃねえかよ。男は根性だぞ?」

B「まあな。でもさ、死んでも怖いしさ。怪我だってするだろ?」

A「バカ、なんで怪我したり死んだりするんだよ?恋愛するのに、怪我も死も関係ねえよ。それとも、心の傷を例えた話?」

B「高いところも苦手なんだよな。」

A「え?観覧車とかで告白するつもり?」

B「うん、わかった。俺、あの子のこと落とすわ。」

A「おう、頑張れよ。」

解説
Bは、好きな女のことを高いところから突き落とすつもりで会話をしている。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。