意味がわかると怖い話 銀行強盗に遭遇

意味がわかると怖い話 銀行強盗に遭遇

銀行はとても混んでいた。

「急いでいるってのに、なんでこんなに混んでるんだよ。」と独り言を言ってると、突然覆面をした男たちが銀行内に入ってきた。

男たちは皆、手にはピストルのようなものを持っている。

なんて運が悪いんだ。

こいつら銀行強盗だ。

1人の覆面男が天井に向かってピストルを一発撃つと叫んだ。

「いいかっ!みんな言うとおりにしろ。おかしな行動をとった奴は、ブチ殺すぞ。まずは、頭を手に乗せろ!早くしろ。」

俺は恐怖でいっぱいだった。

覆面男は続けて行員に叫んだ。

「いいか、袋を札束に詰めろ。早くしろ!」

俺はもう、どうしていいか分からずにただただ立ち尽くした。

解説
覆面男(強盗)の言っていることがめちゃくちゃである。
頭を手に乗せるのはその状況で変だし、袋を札束に詰めるのも不可能だ。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする