怖い話短編・隣の赤い部屋

怖い話短編・隣の赤い部屋

地方から出てきた女子大生。

東京の大学に進学が決まって、東京で一人暮らしをする事になったのだ。

あるマンションに住むことが決まり、ドキドキの新生活突入。

そんなある日のこと。

住んでいる部屋の壁に、小さな穴が空いていることに気がついた。

その穴は、隣の部屋に繋がっているようだ。

女子大生は、好奇心から穴を覗き込んだ。

穴の向こう(隣の部屋)は、真っ赤だった。

隣の部屋は、赤い壁紙を使っているのかな?、と思った女子大生。

なぜだか気になってしまい、翌日も翌々日も、その穴を覗いてみた。

相変わらず隣は赤い。

でも、隣だけ赤い壁紙なんて少しおかしくないか?

気になった女子大生は、マンションの大家に聞いてみた。

「私の隣の部屋には、どんな人が住んでるんですか?」

と。

すると、大家さんはこう答えた。

「ああ、あなたの隣の部屋には、病気で目がくなってしまった人が住んでるんですよ。」