怖い話・短編 ストーカー電話

怖い話・短編 ストーカー電話

ストーカーに被害に悩むA子さんのお話。

どこで調べたのか、毎日のように無言電話がかかってくるのだ。

ある日のこと、A子さんはついに我慢の限界に達し、無言電話をかけてくる相手に

「いい加減にしてよね!この変態!」

とかなり強く言った。

相手は一言、

「・・・・・殺す・・・・」

とだけ発した。

初めて相手がしゃべった言葉が「殺す」。

なんとも不気味で、怖すぎる。

A子さんは、警察に相談に行くことにした。

「殺す」という言葉があったためか、警察は逆探知をしてくれるという。

その夜。

例のストーカー相手から電話がかかってきた。

でも、今日は今までと少し様子が違うのだ。

無言ではなく、電話の向こうで声を出して笑っているようだった。

「くくく・・・くくく・・・・」

こんな気持ち悪い電話、早く切りたい。

でも、逆探知してもらっているため、電話は引き伸ばしたほうがいいのかな?と、A子さんは切るのをためらっていた。

でも、こんな不気味な声、聞き続けたくない。

A子さんは、電話を切ってしまった。

直後に電話がかかってきた。

出てみると、警察からの電話で、彼女は少しだけ安心したのだが・・・・

警察の声は、切羽詰って聞こえた。

そして、こう言われたのだ。

「早く逃げるんだ!君へのストーカー電話は、君の家の中からかかってきているんだよ!」