怖い話短編 だるまさんがころんだ

怖い話短編 だるまさんがころんだ

Aさんには霊感があった。

たまに霊を見ていたのだ。

血まみれの人を目撃。。。。

寝ているときの金縛り。。。。

眠っていると誰かが上に乗っかってくる。。。。

などが、日常的にあったのだ。

Aさんにとって幽霊は慣れっこで、あんまり怖くなかった。

でも。。。。

ある日、Aさんは友達から言われた。

「知ってる?お風呂場で、だるまさんがころんだをやってる様子を思い浮かべながら、振り向くと、そこには霊がいるんだって。」

「へー、そうなんだ。」

と思いながら聞いていると

「Aちゃん、やってみてよー。」

幽霊の怖くないAさんは、深く考えることなく、

「いいよ!」

と返事。

その日のお風呂で、約束通りやってみた。

「だるまさんがころんだ」

後ろを振り向く。

幽霊はいない。

ただの噂か。

そのとき、

ドンドンと音がした。

Aさんが後ろを向くと、顔が青白く髪が長い女の人が顔を近づけてきた。

え?

誰これ?

さすがに怖くなったAさんは、目を閉じた。

再び目を開けたときには、先ほどの女の人は消えていた。

ホッとする。

でも、やはり何かいるような気がして、もう一度後ろを振り向いてみた。

今度は大勢の幽霊が、Sさんを見つめていた。

もう、怖くて怖くて、

「おかあさん!」

母に助けを求めた。

お母さんがビックリして駆けつけたときには、霊は消えていた。

Aさんは、その日以来、幽霊がだめになってしまった。

お風呂場で「だるまさんがころんだ」。

あなたも試してみては?