怖い話 短編 占い師

怖い話 短編 占い師

ある夜のこと。

薄暗い道を、1人で歩いていた。

歩きながら横を見ると、50歳くらいの男が椅子に座って本を読んでいる。

椅子の前には机があり、机には「占い」と書かれた紙が貼られている。

どうやら、この男は占い師のようだった。

水晶玉が置かれていることから、水晶占いかもしれない。

好奇心が湧いてきたので、1つ占ってもらうことにした。

机の前の椅子に腰掛け、お願いしてみる。

「うちの弟。弟のことを占ってもらえますか?」

占い師は頷き、弟の名前と年齢を聞いてきた。

そこで自分の名前と、5年後の年齢を答えておいた。

本当のことを言えば、俺に弟はいないんだ。

占い師を、少しからかうつもりだっただけなのだ。

「えっと。○○××さん、28才でよろしいでしょうか?」

占い師は確認して、水晶玉に手をかざす。

しばらくすると、占い師の顔色が明らかに変わりはじめた。

そして、こんなことを言ってくる。

「失礼ですが、○○××さんは・・・・ご健在ですよね?」

「なにを、失礼な。ちゃんと生きていますよ。」

すると占い師は、

「弟さんに、お体を大事にするように言って下さい。」

何度も何度もこう念を押すのだ。

「何でですか?なんで、体を大切にする必要があるんですか?」

俺は聞いた。

すると、占い師は答えた。

「あなたの弟さんね・・・・5年前の今日、亡くなっているはずなんですよ・・・・」