意味がわかると怖い話 黒いサンタクロース

意味がわかると怖い話 黒いサンタクロース

あれは、サンタクロースだと思う。

昨年、妻が交通事故で死んでからというもの 俺の生活は荒れる一方だった。

悲しみから逃れたくて、自暴自棄になってしまい、自堕落な日々になっていた。

仕事もしない。

毎日、酒ばかり飲んでは、寝るの繰り返し。

ある日の夜のこと。

その日はクリスマスだった。

俺が眠っていると、真上に人影のようなものが立って、寝ている俺を見下ろしていたんだ。

気配で起きてしまった。

部屋の鍵はかけておいたはずだから、こいつは人間ではないのかもしれない。

そいつは、俺の顔に自分の顔を近づけ言った。

「おめでとう!キミは選ばれたラッキーな人だ。キミの願い事を、叶えてあげよう。」

そうか。

今日は、クリスマスなんだ。

この人はきっとサンタクロース。

クリスマスプレゼントが、この魔法なのかもしれない。

俺は、寝ぼけ眼のまま、妻のことを思い出した。

「妻に会いたい・・・・・」

そのまま、俺は眠ってしまった。

起きてみたら、いつもと何の変化もない。

あれは夢だったのか?

テレビを点けてみると、昨日の夜から今朝にかけて、主婦の連続誘拐事件があったらしい。

どのチャンネルもこのニュースばかりだった。

事件があったのは近所だ。

この近りで、数十人の主婦が突然何者かに襲われて連れ去られたらしいのだ。

この辺りも治安悪くなってきたな・・・

次の瞬間、俺の家の前で、大きな物音がした。

なにやら、次々と大きな物が運ばれてくるような音だった。

ゴミの不法投棄?

俺の部屋の前に?

どんないたずらだ?

次に、外から大きな声がした。

「メリークリスマス!」

解説
「俺」の願い事は、「自分の妻」とは言っていない。
つまり、どの「妻」でもいいのだという意味になってしまう・・・・
少し黒い話だ。