短い怪談 電球を求める子供の幽霊

短い怪談 電球を求める子供の幽霊

とある町で、私は電化屋を経営しています。

まあ、平たく言ってどこにでもある小さな電化屋です。

これは、真昼間のある日のことでした。

私が店にいると、店に誰かが近づいてくるのがわかりました。

私は商品の整理をしていたためしゃがんでいました。

この位置からだと、店の中に入ってきた人の下半身しか見えません。

おそらく子供でしょう。

足も小さく、短パンを履いています。

「いらっしゃい。」

私は、そう声をかけ、視線を上げます。

・・・・・・その子供には、上半身がありませんでした。

下半身だけなのです。

本来、上半身がある場所にはカゴみたいなものがあり、カゴの中には千円札が入っていました。

そして、下半身だけの子供のお客は、どこからか声を出しました。

「電 球 く だ さ い」

・・・・・・・・・・・・気がついたときには、店の商品の電球が1つ無くなっていて、千円札が置かれていました。

これが何だったのかよく分かりません。

文章にすると伝わりにくいかもですが、私が実体験した洒落にならないくらい怖い話です・・・・