意味がわかると怖い話 恐怖のエレベーター

意味がわかると怖い話 恐怖のエレベーター

これは、運送会社で配達員をしていたときのこと。

その日は、いつもと同じく昼間の配達をしていた。

とある繁華街の路地裏。

築数十年は経ってる、古びた人気のない雑居ビルに入った。

季節は、真夏。

上階へ登るのは階段だと面倒だったため、怠け心からエレベーターを利用することに。

ボタンを押すと、すぐに扉は開く。

扉の中からは、女性が突然に飛び出してきた。

とても酷い顔をしていて

「うわあああーーー!」

と、狂ったように叫んでいる。

あまりのことに、咄嗟に後退りしてしまった。

その女性は、気が狂ったような様子のまま繁華街へと走っていき、姿は見えなくなった。

どうしたというのだろうか?

誰かに、なにか酷いことをされたのか?

それとも、気が変になっているだけなのか?

見るからに湿った雰囲気の雑居ビルだ。

中で、何が行われていてもおかしくないように思えた。

怖々とエレベーター内を見てみたが、特に変わった様子はない。

階段からも、誰かが降りてくるようなこともない。

不気味だった。

とっとと、荷物を届けてしまおう。

そして、エレベーターへと乗った。

解説は下へ。

解説

いったい、この女性に何があったというのだろうか?
仮に、エレベータの扉が内側から開かない造りだとしたらどうだろうか?(故障なのか、意図的なのかは分からないが)
もしも内側から開かない扉だとすれば、女性のおかしな態度も納得できる。
人気のない雑居ビル。
そんなところに閉じ込められ、外と連絡が取れなかったら、生きているうちには出られない可能性すらある・・・・