意味がわかると怖い話 転校していく親友にプレゼント

意味がわかると怖い話 転校していく親友にプレゼント

親友のA君が転校する日だった。

だから今日、A君のお別れ会をやったんだ。

やはり皆と離れていくのが寂しいのか、A君は少しだけ落ち込んでるみたいに見えた。

その会は、素晴らしいものになった。

会の途中で、歌の得意なM君が歌って盛り上げてくれたり、学級委員のS子が詩の朗読をして感動的な雰囲気を作ってくれたりした。

いよいよ、お別れ会もクライマックス。

親友の僕が、A君にプレゼントを渡す瞬間だ。

プレゼントというのは、クラスの全員で書いた寄せ書きだった。

昨日、出席番号順でまわってきた白い綺麗な色紙に、僕は今までの思いを込めて

「ありがとう」

と、一言だけ書いた。

親友なのに一言だけ?と思うかもしれない。

でも、一言でも気持ちは十分に伝わるはずだと思ったのだ。

僕は、綺麗な袋にいれた色紙をA君に手渡した。

「元気でね、A君。」

「今まで、ありがとう・・・W君。」

A君は、少し照れたような表情を浮かべて、袋の中の寄せ書きを見た後で、感極まってしまったのか号泣してしまった。

そんなA君を見て、思わず僕も、もらい泣き。

プレゼントをして、喜んでもらえるというのは、やっぱり嬉しい。

二人して泣いてる姿がおかしかったのか、クラスの皆がニヤニヤしながらこちらを見ている。

僕は、急に恥ずかしくなってきてしまい、照れ笑いをする。

その日は、素晴らしいお別れ会になりました。

解説
出席番号順でまわってきた色紙が、綺麗に白かったのはなぜだろうか?
「Wくん」ということだから、順番的にはほとんど最後だろう。
それなのに、白紙。
おそらく、誰も寄せ書きを書いていないのではなかろうか?
これは、きっと「Aくんと、Wくん」の二人がクラスでいじめにあっているように思える話だ。
Wくんは、天然だからいじめに気が付いていないのか、それとも気づかぬふりをして心の平穏を保とうとしているのか・・・
どちらにしても、Aくん転校後は、ターゲットがWくんだけになってしまうわけだ。
それにしても、いじめているクラスメイトのお別れ会に出席しているというのは、どういうことなのだろか?
とても陰険なイジメに思えてしまい、気が滅入ってくる・・・・