意味が分かると怖い話 借り手のつかない事故物件

意味が分かると怖い話 借り手のつかない事故物件

男「なかなかいい部屋ですね。でも安すぎませんか?」

不動産屋「ええ・・・気に入っていただけたのでしたら幸いです・・・」

男「なんでこんなに安いんですか?」

不「・・・」

男「こういうのって説明義務があるはずですよ。」

不「・・・実はこの部屋、殺人事件があった部屋なんです。」

男「マジかよ・・・場所はどこでですか?」

不「犯人は風呂場で、被害者を解体したようでして・・・」

男「風呂場って、一番怖い場所じゃないですかっ!」

不「もちろん、その分お家賃は安くさせていただきます。」

男「そうですよ。その話を聞いたら、今の家賃が高く思えてきましたよ。」

不「ええ、頑張らせていただきます。」

男「ちなみに、それはいつの話ですか?」

不「3か月前です。」

男「で、配管なんかは交換したんですよね?」

不「そ、それは・・・」

男「マジですか?じゃあ、とびっきり安くしてもらえないと、誰も住みませんよ?」

不「おっしゃる通りです。社に持ち帰り、検討させていただきますので。」

・・・1週間後。

男はその部屋に住み始めた。

「とても良い部屋を見つけた。この部屋なら、安心して趣味に没頭できそうだ」と、ほくそ笑みながら。

解説
もしもこの男に殺人の趣味があったとしたら?この部屋に住みたがるかもしれない。それはこの部屋からルミノール反応が出ても誰も怪しまないためだ。
元ネタは、動画。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。