走り屋

「走り屋」なんて言葉が現役だった頃の話。

県南の某峠深夜3時。

いつもは数台の常連が腕を競っていたが、平日の深夜、霧が出ていた事もあって走っていたのは俺一人。

気分良く周回していたら、一つのコーナーのガードレール外で手を振っている人が。

「ブラインド側から対向車が来るのか?」

とスピードを落とし軽く手を挙げて礼をしながら通るも対向車は来ない。

次の周も同じ様に手を振ってる。

「バカにしてんのか?」次の周にとっちめてやろうとしてスピードを上げる。同じ様に手を振るそいつに脅しを兼ねて猛スピードで突っ込む。

その瞬間、あることに気づいて全力でブレーキをかける。

道端の献花の上に立ちニヤニヤと嗤うそいつは手を振っていたんじゃない手招きをしていたんだ。