泥棒の選択ミス

泥棒が空き巣に入る家を探していた。

最近はセキュリティ意識の高い家が多く、慎重に選ばねばならない。

しばらくすると、良さそうな家を見つけた。

ちょっとボロイが、こういう家で小銭を稼ぐとしよう。

ガラスを割って侵入すると、そこに人の気配はなかった。

留守宅かと思いきや、廃屋だったのだ。

もう何年も誰も住んでいないような家。

盗るものもなさそうだ。

テレビが置いてあるがブラウン管の旧式だ。

前の住人のものだろう。

どれどれ。

テレビをつけてみると、心霊番組がやっていた。

泥棒はしばらくそれを眺めた後で、怖くなったため退散することにした。

解説は下へ。

解説

怖くなったのは、廃屋になった家に電気がきていることに気が付いたから。

しかも、やっていたのが心霊番組なら余計に怖い。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。