飲酒検問

警察官「はい、止まってください」

男は車を止め、窓を開けた。

男「はい?なんですか?」

警察官「お酒飲んでないですか?」

男「飲んでないです」

警察官「息をハァーとしてください」

男「ハァー」

警察官「ガムの匂いに混じって、アルコールのにおいもしますね。呼気のアルコール濃度を調べますね」

男「嫌ですよ」

警察官「拒否はできません」

男「僕は酔ってませんから。そもそも、夜中に警察が二人も飲酒検問なんて、税金の無駄遣いでしょ」

警察官「警察官が二人ねぇ。あなた、そうとう飲んでますね」

解説は下へ。

解説

その場に警察官は一人しかいなかった。男は酩酊状態だったため、警察官が二人に見えた。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。