親知らずが痛い

さっきから口の中が痛い。

口を開けて鏡を見てみると、奥歯の辺りが真っ赤に腫れ上がっている。

どうやら、親知らずが腫れているようだ。

すぐに抜いたほうが良さそうである。

俺は自分の財布を開いてみた。

千円札が二枚と、小銭を集めてやっと三千円だ。

これが俺の全財産。

歯を抜くだけだ。十分に足りるだろう。

次の日、朝一番で歯科に行った。

受付で費用を尋ねると、薬代も含めて三千円はかかるという。

俺はごねた。こんなところで、全財産を失うわけにはいかない。

俺があまりに騒ぐものだから、奥から歯科医が出てきた。

「どうされたんですか」

「この受付が、親知らずを抜くのに三千円はかかるって言うんだ。歯を抜くだけだぞ。10分もかからないだろ。10分で三千円もかかるのは、おかしいって言ってるんだ」

歯科医はため息をついて言った。

「じゃあ、一時間かけて抜きましょう。さらに、麻酔を使わなければ費用も抑えられます。これでいいですね?」

散々ごねた俺は、その条件で手を打つしかなかった。

解説は下へ。

解説

麻酔なしで、一時間かけてゆっくり歯を抜く。

それは拷問に近い仕打ちである。