床屋の犬

ふと鏡を見て気が付いたことがある。

髪の毛がボサボサだ。

面倒だけど切りに行こう。

以前通っていた床屋がなくなってしまったため、今回は初めての床屋に行くことにした。

古ぼけた外観で、外から見る限り客はいない。

まあ、いいだろう。

中に入ると、一匹の犬がいた。

犬は俺のことをじっと見ている。

「すみません」

声をかけると、ヨボヨボのおじいさんが出てきた。

どうやら、このおじいさんが理容師らしい。

大丈夫だろうか。

席に着き、散髪が始まった。

おじいさんがカミソリを手に持つと、先ほどまで座っていた犬が立ち上がり尻尾を振りだした。

「この犬は髪を切るところを見るのが好きなんですか?」

俺が尋ねると、おじいさんは首を振った。

「いいや。この子は、髪は好きじゃない。肉が落ちてくるのを待ってるんですよ」

解説は下へ。

解説

床屋のおじいさんは、お客の耳を切り落としてしまうことがあるようだ。

犬は耳が落ちてくるのを待っている。

※ 当サイトオリジナルの意味怖です。
コピーしないでもらえたら嬉しいです。