ジェット機のトラブル

機内は満員である。

多くの乗客は静かに目を閉じて休んでいる。

男は窓の外を見ていた。

先ほどから気になることがある。

エンジンから煙が上がっているように見えるが、それは雨雲かもしれない。

確信が持てなかった。

だが、炎が噴き出したことで疑惑が確信に変わる。

「エンジンが燃えてるぞ!」

男は叫んだ。

満員の機内に緊張が走り、あちこちから悲鳴が聞こえる。

しばらくすると、機内アナウンスがあり、乗客たちはその声に集中した。

「皆さま、落ち着いてください。これより機長と副操縦士、我々客室乗務員がパラシュートで地上に降り助けを呼んで参ります。しばしお待ちください」

解説は下へ。

解説

乗客は見殺しにされてしまった。この状況で助かる術はない。