スパイ活動

その男は転職を考えていた。

スマホで求人サイトを眺めてみるも、良さそうな仕事はなくため息が出る。

ふと男の手が止まる。

『産業スパイを募集します』

スパイ活動なんて映画みたいでかっこいいではないか。

早速、男は面接のアポをとった。

入社試験当日。

ビルの四階の会議室に受験者たちが集まっている。

かなりの倍率のようだ。

やがて受験者たちに封筒が渡された。

しっかりと封が閉じられている。

試験官は、受験者たちを見渡し言った。

「この封筒は重要な書類です。地下二階にある部屋に、そのまま届けてください。一番最初に部屋にたどり着いた方を採用いたします」

受験者たちは大急ぎで地下二階に向かった。

エレベーターで向かう者、階段で走って向かう者。

男は駆け足に自信がなく、半ばあきらめていた。

「スピード勝負じゃ勝てないよ」

産業スパイになりたかっただけに落胆は大きい。

男はそのまま帰宅するつもりで封筒を開け、中身を見た。

みるみる男の顔が明るくなる。

そして、男はビルの五階に向かった。

解説は下へ。

解説

おそらく男は試験にパスした。

重要な書類の中身を盗み見た男こそ、産業スパイにふさわしいと判断されたのだろう。